【永久保存版】ゼロからの民泊の始め方!民泊スタートアップガイド。

2017年5月17日 - airbnb

 

これから民泊運用を始めたいけど何からしたらいいかわからないという方にために
ゼロから民泊を運用するためのノウハウや手順などをまとめました。
民泊ホスト初心者の方は是非このガイドを参考にして下さい。

目次

 

民泊物件探し

 

民泊運用で1番重要と言っても過言ではないのが物件選びです。
優れた民泊運用を行ったとしても、運用する物件の条件が悪ければ民泊で利益を上げれないことは多々あります。

民泊運用の8割は物件で決まるとも言われています。
重要な要素はたくさんありますがその中でも特に重要な3点を下記でご紹介しますので
しっかりチェックしてください!

・物件の立地
・物件の収容人数
・物件の設備・インテリアatc…

上記の3点のポイントを説明していきます。

・物件の立地

やはり一番大切なのが、物件の立地です。物件の立地は民泊の稼働を大きく左右します。物件の立地で特に重視したいポイントは、下記の4つです。

・人気の観光エリアからの近さ
・交通の便(主要駅や路線数、空港から一本で行けるなど)
・駅からの近さ(徒歩約10分以内)
・利便性(コンビニ、スーパー、飲食店が近いなど)

民泊物件の中で特に稼働率が良いのは東京・大阪・京都といった人気の観光エリアです。これらのエリアは都心ということもあり、ホテルなどの宿泊施設の値段が高いため
比較的安価な価格帯の民泊に大人数のお客様が流れてくることが非常に多いです。もちろん訪れる人の数も抜群に多いです。
また、そのエリアの中でも特に人気の観光スポットに近いエリアが一番稼働率が高くなります。

・物件の収容人数

民泊の利益を増やす上で重要になってくるのが物件の最大収容人数です。
基本的には収容人数は多ければ多いほど利益は増える傾向にあります。
ホテルや旅館などの宿泊施設は、
大人数に対応した部屋タイプが少なく、もし空室だとしてもスイートルームなど
かなり高価格帯になってしまうということが多い点が理由の一つとして挙げられます。
民泊の場合、一軒家などであれば大人数でもリーズナブルに
宿泊ができますので、予約を獲得しやすくなります。
また、大人数の場合は一回あたりの利益も高くなりますので、
利益が出しやすいのです。逆に、ワンルームの物件などは
いかに立地がよくてもなかなか利益は出しづらいのが現状ですので、
慎重に検討する必要があります。

・物件の設備・インテリアatc…

立地、収容人数と同様に大事なのが、物件の設備です。
ぜひ意識しておきたいポイントは下記の点です。
特に築年数の古い物件の運用を検討している場合は注意しましょう。

・エレベーターの有無
・洋式トイレ

2階以上の物件は、エレベーターがある物件を選ぶようにしましょう。
ゲストは重いスーツケースなど多くの荷物を持ってやってきます、
エレベーターがなければ階段で持ち運ぶことになります。
それだけでも良いレビューの獲得に不利になってしまいます。

また、訪日外国人ゲストは和式のトイレを非常に嫌います。
古い物件では和式のトイレの場合がありますので注意しましょう、
和式トイレの物件の場合、
事前にトイレだけでもリノベーションしておきましょう。

インテリア・アメニティの設置

 

物件を入手したら、次にこだわりたいのがインテリアや家具です。民泊運用の稼働率を高めるために、Airbnbなどの民泊サイトに掲載する写真は稼働率に大きく左右します。ゲストが宿泊したくなるような写真を掲載するためには、訪日ゲストがいいと思うようなインテリア作りをする必要があります。

最低限揃えておきたい家具・アメニティとしては、キッチン用具(食器類、冷蔵庫、電子レンジ、電気ケトル等)、テレビ、ベッド、ソファー、エアコン、洗濯機、ハンガー、アイロン、ヘアドライヤー、必需品(ティッシュ、トイレットペーパー、タオル、シーツ等)、インターネット(Wifi)などが挙げられます。特に水回り用品や寝具類、必需品、WIFIについてはしっかりと準備をしておくことをおすすめします。

民泊Wifi

民泊運用の中でも特に重要なのがWifiです。
海外では自由に使用できるwifiが街多くあり、日本では少ないのが訪日外国人にはネックになっております。
ですのでゲストが持ち運べるWifiを用意するのは必須になります。
特にデータ通信量の制限がないものが喜ばれます。

それにプラスで部屋をきれいに見せる小物やおしゃれな雑貨などを用意するのも大切です。
家具などは大人数が使用しますし、いろいろな方が使用するため高価なものは控えたほうが良いです。

また、日用品に関してできるだけパッケージなどに英語表記のあるものを選ぶようにしてください。訪日のゲストなどは日本語がわからなないことがほとんどのためです。

部屋の写真撮影

 

家具やインテリアを揃えたら、次はお部屋の写真撮影です。
部屋の写真は予約率に直接影響しますので、プロのカメラマンなど費用をかけてでも綺麗な写真を撮影することをおすすめします。
節約したい方は友人に一眼レフのカメラを借りるのも1つの手です

アクセスガイドとハウスマニュアルの作成

 

民泊ホストとしてゲストの満足度を高めるために重要なのがアクセスガイドとハウスマニュアルの作成です。アクセスガイドとは、最寄りの駅から物件までの道のりを分かりやすく示したガイドです。

民泊はホテルのように大通りやわかりやすい場所また、看板がないため、分かりやすいアクセスガイドを用意することが必要になります。
チェックインまで迷わず、おこなえるかどうかゲストの満足度に大きく影響するためかなり重要です。また、アクセスガイドと一緒に物件周辺の観光スポット情報やおすすめの飲食店情報なども用意しておくと良いでしょう。

そして、チェックイン後のゲストの滞在をサポートするのがハウスマニュアルです。家具や家電製品の使い方から注意事項や禁止事項まで、わかりやすくマニュアルを作成することが重要です。

また、喫煙ルールや深夜の騒音、ゴミ捨てルールやマナーなどの情報もしっかり記載しておくことが重要です。海外では許されることも日本ではNGなども加えるとベストです。
マニュアルを読んでくれない可能性もあるため、重要事項は壁やドアなどに貼り紙をすると効果的です。
これらのアクセスガイドやハウスマニュアルを準備しておくことで、ゲストとの連絡の回数などを極力減らすことができ、民泊運営の手間を減らすことができます。

民泊サイト登録・リスティングページの作成

 

家具やインテリア、アメニティを揃え、写真撮影も完了したら、次は集客になります。集客は民泊運用の最も重要な部分といっても過言ではありません。

Airbnb登録

なんといってもまずは民泊サイト最大手のAirbnbに掲載しましょう。Airbnbの操作は非常に簡単なのですぐに掲載できると思います。

Airbnb以外のサイト

Airbnbは最大手で物件掲載数、ユーザーの観覧数などがずば抜けていますが、
最近のAirbnbブームの影響もあり競合サイトが非常に増えています。
Airbnbだけに頼らずほかのサイトの活用も大切です。

Airbnb以外の代表的な民泊サイトとしては、
エクスペディアグループのHomeAwayやトリップアドバイザーグループのFlipkey、中国系サイトの自在客などがあります。

リスティングページを作成しよう

いくら物件やインテリア、条件面がよくてもリスティングページで
しっかりと主張できなければ意味がありません。
逆に言えば少し魅力的じゃない物件でもリスティングページで強みを前面に出していれば稼働率はあがります。
物件の強み、きれいな写真を絶対に載せることを心がけてください。

清掃代行会社の選定

 

物件の清掃ですが、自身で清掃をするのもいいですが、ゲストによってはすごく部屋を汚したり、ごみの量が半端なかったりという状況が多々あります。

そのような面倒を回避するために民泊清掃代行会社に清掃を依頼するのもおすすめです。

運用代行会社の選定

清掃だけではなく、民泊サイトへの登録からゲスト対応まで全てを民泊運用代行会社に任せてしまうことも可能です。この場合、運用代行手数料を支払う必要がありますが、プロの運用ノウハウにより稼働率向上のための取り組みをいろいろと行ってもらえるので、結果として自分自身で運用するよりも多くの利益を得ることもできます。

民泊収益シミュレーションツール

 

こちらのツールであなたの民泊物件がどれくらい利益が出るのか一発で出せますので
活用してみてください。

民泊収益シミュレーションツール

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
現在、民泊では正しい手順、方法で行えば必ず利益がでます。
訪日旅行客が増えている今日では不動産投資より熱いのではなのでしょうか?
是非、ブームに乗っかって民泊運営をしてみてください。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ