シェアハウス運営に欠かせない3つのこと【コミュニティの3要素】

2014年3月1日 - シェアハウスハック

シェアハウス運営に欠かせない3つのコトを以前の記事にてご紹介させていただきました。

 

今回の記事では2番目に紹介したコミュニティについて説明させていただきます。

 

シェアハウス運営におけるコミュニティとは?

シェアメンバーの一体感、満足度を上げ、シェアハウスの魅力を上げることです。

 

これにより、シェアハウスオーナーは空室率を低くすることが出来ます。

シェアハウスの魅力を上げるためには、コンセプトよりもコミュニティの方を重視をすると良いでしょう。

 

多くのコンセプト型のシェアハウスが生まれております

 

似たようなコンセプトも立ち上がってくるでしょう。

 

その中で今度はコミュニティがとても大事になってきます。

 

コミュニティと説明するとわかったようで、わからない概念的な言葉なので、ここでは、シェアハウスにおけるコミュニティの中で重要な要素を簡単に分けて説明させていただきます。

 

シェアハウスにコミュニティを構成する重要な要素は下記の3点になります。

①寛容であること

②役割があること

③教育があること

 

‐‐‐

 

それでは、上記3点を簡単に説明させてもらいます

 

①寛容であること

 

シェアハウスに住まう人は、コンセプトに同じと言えども、価値観は多彩。

 

価値観の違いには、悪いや正しいは有りません。

 

お互いに価値観を認識し合う寛容な姿勢、雰囲気が大切になります。

 

②役割があること

 

コンセプト型のシェアハウスは有る目的があるはずです

※シェアハウス運営に欠かせない3つのこと【コンセプト】を参照ください

 

その目的のために、シェアメンバーのために、自分のために、自分だからこそ出来ることを率先してやれる、またはやりやすい環境を整えることが大切になります。

③教育があること

 

シェアメンバーは常に同じとは限りません。何かの理由で退出する者も入れば、新しくはいる入居者もいます。

 

シェアハウスの価値観、ルールを共有する人が重要になります。

 

シェアハウス運営者、管理者、リーダーはもちろんとして、シェアハウスに住んでるシェアメンバーがやれること、やることに重要な意味があります。

 

以上コミュニティの重要な3要素になります。

 

コミュニティを構成するために必要な要素は本質的には、どんな組織においても同じだと思っております。

 

さらにシェアハウスのコミュニティを盛り上げる方法は沢山あります

 

シェアメンバーが気持ちよく暮らせるシェアハウスが沢山ありますので、そのようなシェアハウスを見学しに行くのも面白いかもしれません

› tags: コラム /

こちらもおすすめ