楽天LIFULL STAY、中国の民泊No.1サイト「途家」と事業提携

2017年8月21日 - 未分類

 

 
楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYと中国の民泊プラットフォーム「途家(トゥージア)」を運営する途家グループは8月2日、業務提携したと発表した。
楽天LIFULL STAYが開設予定の民泊サイト「Vacation Stay」(仮称)に掲載する日本の民泊物件を途家に供給する予定だ。

途家は2011年に設立した中国最大級の民泊プラットフォーム「tujia.com」を運営し、2016年には「日本途家株式会社」を設立した。

楽天LIFULL STAYは6月の民泊事業参入を発表して以来、7月に米国のHomeAway、台湾のAsiaYo!と事業提携を発表。今回の途家は3社目の提携先となる。
日本は、中国人の海外旅行目的地で香港・マカオ、タイ、韓国に続いて第4位である。2020年の東京オリンピックで今後さらに外国人観光客が増えると予想される。



2016年における訪日中国人の数は637万人で、訪日外国人2404万人の27%を占める。
途家は、民泊の市場規模も2020年には2000億円、2025年には2500億円まで増加するとみており、
中国人向け民泊の市場規模も2020年に500億円、2025年には625億円まで拡大すると予測。
日本途家代表取締役の鈴木智子氏は「日本における中国人向け民泊市場は500億円以上の潜在的市場がある。
2025年までに訪日中国人の民泊市場シェア50%獲得を目指す」とコメントした。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ

Comments

  1. […] 事業提携を発表。 また、中国の民泊プラットフォーム「途家(トゥージア)」を運営する途家グループと8月2日、業務提携したと発表した。 (関連記事:http://share.mousousakusen.com/archives/4889/) […]