外国人旅行者の民泊利用が12%超!観光庁が発表

2017年11月16日 - 未分類

 

 
今年の7月~9月に日本を訪れた外国人旅行者のうち
12.4%が民泊を利用したと観光庁が調査のもと推計した。
 

また観光庁は国別利用者数と年代別ランキングも発表した。

国別ランキング

1位 フランス 28.6%
2位 シンガポール 23.5%
3位 オーストラリア 21.8%

年代別ランキング

1位 20代以下 61.3%
2位 30~40代 32.8%
3位 50代以上 6%

フランス人旅行者の3人に1人が民泊を利用していると考えたら恐ろしい数字だとわかる。

若い利用者の多くは「ゴールデンルート」と呼ばれる主要都市をめぐるルートの利用が多く
東京、大阪、京都と巡り、一か所に滞在しないかたちだ。

訪日外国人が年々増えている今日、
価格がリーズナブルで手続きが簡単な民泊の利用者が
今後もっと多くなるのが確実だと裏付けるデータである。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ