【STAY JAPAN X JAL】秋田県仙北市が地域活性化を推進

2018年3月27日 - 未分類

 

民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨と日本航空株式会社は、仙北市(秋田県)と協業のもと、「農泊」をテーマとした「農泊ダイナミックパッケージ」を平成30年3月26日(月)より発売開始した。

【背景】
仙北市は、教育旅行中心にこれまで農家民泊を積極的に進める先進モデル地域であるが、
「国内外の個人旅行者」への取組みに課題があった。

【目的】
国内外の個人旅行者の交流人口を拡大させる

【手段】
「農作業体験」や地元で収穫した食材を使用した「食事」を組み込んだ宿泊プランの販売

<詳細>
JALと百戦錬磨は本年2月に、交流人口拡大による地域再生・活性化を目指す資本・業務提携を締結。
自治体と連携した地方への観光需要の創出に向けて協業を続けている。
今回、その事例の一つとして、仙北市の協力のもと、百戦錬磨の民泊予約サイト「STAY JAPAN」掲載中の仙北市の農家民泊4施設と、JALの航空券を組み合わせた旅行商品を新たに企画・開発。農家民泊はJALダイナミックパッケージで初の取り組みである。今後、旅行者のニーズや需要の増加に合わせて掲載施設を増やし販売強化を行う予定。

JALと百戦錬磨は、今後も共通の目的である、地域と連携した「交流人口の拡大による地域活性化」を目指し、協業を進める方針である。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ