【1兆1343億円】訪日外国人旅行消費額(1~3月)

2018年4月20日 - 未分類

観光庁が4月18日に発表した2018年1~3月の訪日外国人旅行消費額(速報)は、1兆1343億円(前年同期比17.2%増)となった。

訪日外国人1人当たり旅行支出は14万8891円で、前年同期(14万8070円)に比べ0.6%増加。
国籍・地域別にみると、オーストラリア(25万1000円)、ベトナム(22万7000円)、中国(22万6000円)の順で高い。
国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が4391億円(構成比38.7%)と最も大きい。

費目別に訪日外国人旅行消費額の構成比をみると、買物代が34.9%と最も多く、次いで宿泊費(27.9%)、飲食費(20.5%)の順で多い。
前年同期に比べ、宿泊費の構成比が1.6%ポイント拡大し、買物代が3.8%ポイント減少。
訪日外国人1人当たり旅行支出を費目別にみると、買物代が5万2000円と最も高く、次いで宿泊費(4万2000円)、飲食費(3万1000円)の順で高い。

宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、特にオーストラリア(9万8000円)が高い。娯楽などサービス費もオーストラリア(2万6000円)が最も高く、買物代は中国(11万1000円)が最も高い。

旅行支出1位オーストラリアで25万円となっている。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ