【ファミマ Ⅹ エアビー】民泊で鍵受け渡し

2018年5月16日 - 未分類

5月14日、民泊仲介の世界最大手、米エアビーアンドビーとコンビニエンスストアのファミリーマートが業務提携をすることで合意。
民泊利用者へ鍵の受け渡しにファミマを活用する。

民泊新法の施行を来月に控え、コンビニと民泊事業者の定型が広がりを見せる。

21日にファミリーマート本社(東京都豊島区)で、ファミマとエアビー日本法人が記者会見を開く。
その場で、詳細や今後の取り組みの説明を行う。

尚、ファミリーマート以外にも、セブンイレブンがJTBと提携。
こちらも、店内で本人確認や鍵受渡しを行う計画で、2020年度までに1千店で展開予定。

ローソンも、鍵保管ボックスを店内に設置し、物件所有者や運営会社と対面レスで鍵の受け渡しや返却を出来るようにしている。
18年度末までに、100店舗へ拡大予定。

コンビニ各社の民泊サービスにおける熾烈な戦いが本格的に幕を開ける。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ