【民泊運営にもメリット有り!?】『Tabiko』10万ダウンロード突破-開始1年、ノンプロモーションで達成!

2018年5月17日 - 未分類

FAST JAPAN株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:片野 由勇岐)は、当社が運営する訪日観光客向けチャットコンシェルジュアプリ『Tabiko』が10万ダウンロードを突破。

『Tabiko』は訪日客の質問や依頼に対して、日本の旅行に精通するローカルコンシェルジュがチャットでサポートするサービス。
旅行のガイドだけでなく、航空券・宿泊施設・飲食店予約等も、チャットを介して簡単に行うことが可能。
飲食店予約に関しては累計5,000件以上の送客を実現し、訪日外国人の飲食店送客としては国内最大規模。
2017年2月のサービス開始から約1年で、ノンプロモーションながら10万ダウンロードを達成

App StoreおよびGoogle Playで獲得した約2,000件の平均レビューは4.8点(5点満点)と、高評価を記録し、多くの訪日観光客から人気を集めている。

大手企業との予約システム連携

航空券予約は、旅行・航空業界向けITソリューション・プロバイダの世界大手、アマデウスをパートナーとして、世界各国700以上の航空キャリアに対応。
宿泊施設は、株式会社リクルートライフスタイルが運営する「じゃらんnet」と連携し、国内約1万軒の宿泊施設の予約を受け付けている。

今後の展開

旅行に関する膨大な会話データを蓄積するTabikoは、AI技術を駆使し、「より効率的なチャットオペレーション」および「高度なパーソナライゼーション」を追求
チャット対応の24時間化、予約コンテンツの拡大、中国でのサービス公開を行い、さらなる事業の拡大を目指す。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ