【民泊専用保険誕生!】三井住友海上24時間365日対応

2018年5月23日 - 未分類

三井住友海上火災保険が民泊民宿協会と提携し、同協会に所属する民泊事業者向けの専用保険とサービスを6月に発売する。

保険で利用者のけがや物損などを補償するほか、騒音やごみ放置などのトラブルに対して24時間365日現場に駆け付ける業界初のサービスなどを提供。
6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行をにらんで、対応する環境整備を進める。

また、利用者と近隣住民とのトラブルを、三井住友海上のグループ会社がコールセンターで受け付け、即座に現場に駆け付けるサービスも提供する。水回りや鍵のトラブルといった幅広い相談に対応し、トラブル拡大を防ぐ。

保険とサービスは民泊施設の運営事業者を支援する民泊民宿協会の会員に自動で付帯される。保険料は1物件当たり2万4900~4万円の年会費に盛り込まれる。現在の会員数は900だが、来年には3000会員への拡大を見込む。

三井住友海上は、民泊民宿協会との連携による保険やサービスの提供を通じ、自治体の承認を得やすい体制づくりをワンストップで支援し、合法的な民泊事業者の普及促進を後押しする。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ