【数億円資金調達】民泊運営管理サービス

2018年5月28日 - 未分類

matsuri technologies株式会社(東京都新宿区高田馬場 2-1-2 代表:吉田圭汰)は民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開している企業で、この度、DasCapital、ファンドクリエーション、リンキンオリエントの3社を引受先とする第三者割当増資の実施を発表。

調達した資金は数億円で、ファンドクリエーションとは資本業務提携結を締結。両社で民泊マンスリーファンドを組成し、民泊事業者への資金のサポートなどを手がけるほか、民泊物件や住宅宿泊事業を運営できる物件を借り上げる「民泊借り上げ事業」を開始するとしている。

民泊管理ツールのm2m Systemsは、Airbnbの複数アカウントを一括管理できる民泊運営管理システム。無料で開始することができ、2018年5月に登録施設数が15,000件を突破している。今回の資金調達により同社が提供する民泊運営支援ツールの機能拡充を図っていくほか、民泊マンスリーファンドなどを通じて民泊事業者の支援を進める。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ