【過去最高】民泊物件数57,000件を突破

2018年5月29日 - 未分類

メトロエンジン株式会社が提供する民泊ダッシュボードのメトロデータによると、2018年4月時点の全国民泊物件数が過去最高となる57,000件を突破したと発表。

過去最高は2017年12月に記録した56,221件で、その後2018年2月には51,000件にまで物件数は減少していたが、その後V字回復をみせ2018年4月に過去最高となる。

民泊新法が施行される6月15日までに民泊仲介サイト各社は、既存の民泊ホストに対して住宅宿泊事業法や旅館業法などの届出番号の入力を求め、期日までに入力が確認されない場合は、物件を非表示にする方針を打ち出している。

一方で、都市部の民泊施設に多いマンションの一室での民泊の場合、住宅宿泊事業法や旅館業法の届出申請や許可を得ることは難しく撤退あるいはスペース貸しへの転用を行うケースが目立つと考えられていた。

このようなマンション民泊の場合、賃貸物件を民泊に転用している場合もあり、このような賃貸契約の場合2ヶ月前解約が一般的であることから2ヶ月前の4月頃から物件数が減少するシナリオも考えられていたが、そのような憶測に反して過去最高を記録することになった。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ