【民泊を活用】「ライオンハウス」!?

2018年6月14日 - 未分類

スペースマーケット(東京都新宿区 代表取締役 重松 大輔)は、民泊向けプラットフォーム「スペースマーケットSTAY」で、ライオンとのコラボレーションを実施すると発表。

宿泊施設内で、ライオン製品を期間限定で提供。

スペースマーケットSTAYに登録する約30の民泊を含む宿泊施設を「ライオンハウス」とし、施設内で無料でライオン製品を提供する。歯磨きや歯ブラシといったオーラルケアから、柔軟剤やキッチン用品までを取りそろえる。

長期滞在の利用者も多い民泊では、洗濯や調理なども宿泊施設内で行うことが多いため、ホテルでは体験できない「暮らし」に近い形 でライオン製品を体験できる場として注目。任意で使用感のアンケートを実施するなど、マーケティングの場としても民泊を活用する狙いだ。

スペースマーケットでは今までも、ドリンクメーカーとのコラボレーションなどにより、スペースの時間貸しによるパーティ需要などに対応。スペースマーケットSTAYを開始することで、宿泊まで見据えた、サービスの提供ができるとしている。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ