シェアハウス(ルームシェア含む)をする人がお部屋を借りるまでのスケジュールについて

2015年1月21日 - シェアハウスの始め方

  シェアハウス(ルームシェア)を企画中の皆様へ質問です。 「只今企画中のシェアハウスをいつ頃OPENする予定でしょうか?」 来月?再来月?3か月後でしょうか?はたまた2週間後? さて、多くのシェアハウスライフを叶えてる方々はいつ頃から準備をしているのでしょうか。 こちらに応えるべく”シェアハウスを始めるために必要な時間”を算出致しました。 (今回は、弊社のお客様の過去の実例を集計してお答えします。) ちなみに今回のシェアハウス企画者は『賃貸で物件を借りて、何名かでシェアハウスを始めよう』とする方になります。


 1.シェアハウスを作るための7つの工程

シェアハウスを作る7つの行程を簡単にご紹介します ①入居者集め…シェアハウスに入りたい。という入居希望者になります。①の段階で必要なのはどちらかというと一緒に企画してくれる”仲間”の意味が強くなります。 ②企画…シェアハウスを企画します。家賃は、エリアは、ライフスタイルは、ルールつくりは、などなど話し合って決めていきます。とても大事な工程になります。何を決めれば良いかは別記事にてまとめます。 ③物件探し…シェアハウスに使える物件を探します。間取りや広さ、立地など話あってきめた条件で探していきましょう。大きな問題は”シェア可能”な物件かどうかがカギになります。弊社がシェア専門で不動産をどのように集めているかはまた別の記事で紹介いたします。 ④内見…シェアハウスに使える物件の内見をします。設備や間取りや生活導線などをチェックします。内見時の必要なチェック項目は、とても大事なので、別記事で紹介します。 ⑤申込、審査、契約…希望物件が見つかったら申し込みをしましょう。入居審査がありますので、審査が通りしだい晴れて、契約業務に移ります。契約後は鍵の引取りに日を決めて、物件取得完了です。 ⑥内装・設備・備品 準備…物件をシェアハウスにしていくために、内装を整えていきます。備品、消耗品、家電、内装デザインなどなどOPENに向けて準備していきます。 ⑦シェアハウスOPEN…晴れて、シェアハウスオープンです!入居希望者の内見でこころをグッとつかむ内見方法は、別記事にて紹介します。

2.シェアハウスをオープンするまでのスケジュール

ほとんどのシェアハウスが①~⑦の工程で出来ています。 ※①②は人それぞれの個別性が強いため、計算上除きます。 関係者各位からは、”人集めが大変”という声が多いので、ここは別記事にてご紹介させてもらいたいと思います。 ③以降で各工程の平均的なスケジュールは下記になります。   ③物件探し >> 1週間~2週間ほど ④内見 >> ③と並行する場合がほとんどですが、1週間~3週間ほど ⑤申込、審査、契約>> 1日~1週間 ⑥内装・設備・備品 準備 >> 3日~1週間 ⑦シェアハウスオープン 以上よりシェアハウスを探してオープンするまで短で1か月かかります。 もちろんケースバイケースですが、弊社ではシェアハウスの物件を探してるお客様には「オープンする予定の1ヶ月から2か月前から動くのが良いです」と話しています。 個別にご相談もうけております。詳しく聞きたい内容や不安な点があればお気軽にお問合せください。 お問合せはこちらから。


 【おすすめ記事】

『シェアハウス(ルームシェア)の物件探しのコツ』はこちら 『シェアハウス(ルームシェア)の内見をする際はここをチェック』はこちら 『シェアハウス(ルームシェア)の審査が通りにくい!どうすればいいの!?』はこちら 『シェアハウス(ルームシェア)をオープンする際に必要な消耗品、備品、家電はこれだけで大丈夫だっけ?』はこちら

› tags: コラム / シェアハウス / シェアハウスオーナー / シェアハウス管理 / シェアハウス運営 / ルームシェア / ルームシェア始める / ルームシェア東京 / ルームシェア物件 / ルームシェア管理 /

こちらもおすすめ