民泊予約サイトを一括検索・比較できるTripping.com

2018年8月27日 - 未分類

Tripping.comは、民泊予約サイト各社の物件を一括検索、比較、予約するためのメタサーチサイト.

Tripping.comは世界最大級の民泊予約サイト。VRBO、TripAdvisorやBooking.comといった大手宿泊サービスで紹介されている案件を総合的に取り扱っており、物件数は世界190カ国で約1200万件にのぼる。これまでは、旅行者がいくつもの旅行サイトや民泊サイトをチェックしなければならなかったが、当社のサイトでは複数のサイトに登録されている物件にワンクリックでアクセス可能。同じ物件なら、Tripping.comでサイトごとの価格を比較し、最安値で予約可能だ。

Tripping.comが考える民泊の魅力とは。
「民泊最大の魅力は、価格が安いこと、そして広いスペースを確保できるということです。民泊の物件にはベッドルームが複数あるものや、庭やバーベキュー場、プールやキッチンがついているものあります。特に、このキッチンが旅行者に喜ばれますね。自炊できる分、費用を節約できますから。特に、お子さん連れの方ですと、ホテルのワンルームだと窮屈ですよね。夜、子供が寝てしまうと、大人は声をひそめなければなりません。民泊なら、同じ価格で、より広いスペースをレンタルすることができます。マンションの一室から別荘、はてはヨットまで、選択肢が多いのも民泊の魅力ですね。」と、旅行者の負担を減らす画期的なサービスを提供する同社のFounderであるJen O’ Neal氏は語る。

そして、Tripping.comの強みを訪ねると。
「当社は、業界の中でもニュートラルな立ち位置にいます。我々はメタサーチエンジンなので、HomeAwayやVRBOなどの企業と競合しているわけではありません。彼らはパートナーであり、我々は空室状況データを統合し、予約利用者を送客しているのです。

宿泊業界は巨大なマーケットで、この先10年間で膨大な規模になると思われます。中でも民泊市場は急成長しています。しかし、その市場は多極化しており、民泊大手4サイトと言われるAirbnb、Priceline、Booking.com、TripAdvisorのシェアを合わせても、全体の25%にも満たない状況です。そういう業界にこそ、メタサーチというサービスモデルが最適だと思いました。我々は現在50社ほどのサイトと提携していますが、彼らとは競合関係にはありません。予約客を送客しているのです。」

将来のビジョンとしては、
Tripping.comは世界的なナンバーワン民泊サイトになります。疑問の余地はありません。我々はすでに業界をけん引する存在です。今はヨーロッパが大きな成長を見せていますが、これから5年くらいの間にアジア方面が拡大していくと思っています。アジアではこれから民泊が勢いを増すことになると思うので、その準備をしています。市場を理解した投資家も大勢いますし、顧客やその要望に関するリサーチも進めています。」と強気の姿勢だ。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ