JAL・百戦錬磨が奄美イノベーションと協業

2018年9月27日 - 未分類

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)、株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)、奄美イノベーション株式会社(本社:鹿児島県奄美市、代表取締役社長:山下保博、以下「奄美イノベーション」)の3社は、手つかずの自然・伝統的な文化が数多く残り世界から注目が集まる奄美群島において、地域ならではの特色に触れる旅を提供する新たな取り組みを開始する。

JALと百戦錬磨は2018年2月の資本業務提携以降、奄美をモデル地域に選定し、奄美群島各地での民泊に対する理解促進・開業支援を目的としたセミナーの開催、奄美の文化を体感できる宿泊施設の開拓に取り組んできました。このたび、伝統的な古民家を改修し宿泊施設として蘇らせることを目的とした「伝泊」を推進する、奄美イノベーションを地域の協業パートナーに加え、奄美ならではの付加価値の高い宿泊体験の提供と三者共同での販売プロモーションを開始
今後も、JALと百戦錬磨、奄美イノベーションの3社は、奄美群島の交流人口の拡大、さらなる地域活性化の促進に取り組む。

<概要>
1.奄美での体験民宿・伝泊施設に宿泊するダイナミックパッケージ(*)を発売
百戦錬磨が取り扱うホームステイ型体験民宿、奄美イノベーションが展開する一棟貸しの伝泊施設に宿泊するダイナミックパッケージを発売開始。
*インターネットで「往復航空券」と「宿泊施設」を自由に組み合わせてお得に予約が出来るパッケージツアー。

› tags: コラム /

こちらもおすすめ